2017年10月10日(火曜日 )  
前の日次の日→/ 今日のスケジュールスケジュール登録カレンダーへ戻るスケジュール一覧
登録済スケジュール

●その他/台湾まぜそば≪追い飯付≫800円→500円  時間: 13時 10分 〜 13時 20分  場所:翔家(富谷)

新規店を開拓すべく訪れたのが、富が丘の「澄家」。
全く有名ではない店だし(失礼!)、昼時ど真ん中を外しさえすれば空いているだろうと、ノンビリした気持ちで向かったら、意外や意外、駐車場が満車で、停めるスペースが無い(もともと狭い駐車場なので、仕方ないけどね…)。しかも、車の中から背伸びして眺めた店内は、それなりに混み合っており、パッと見、座れる場所が無い?感じ。これは、これは、御見逸れしました、実は地元の人気店?のようであり、自分のような余所者が簡単に入れる場所ではないみたい…。
というわけで、次に向かったのが、すぐお近くの本家・網地島屋。今日は定休の木曜ではないし、いつも「空振りを食らう」水曜日でもない。火曜日なので「絶対大丈夫でしょ」とルンルン気分で到着してみたら、ガーン!、「本日定休」の看板が出ているではないか。
なんちゅうこっちゃい。
たまたま、そういう日ばかりに来る自分が悪いのだろうけど、これまでの自分の経験だと、3回のうち2回は「休み」にブチ当たる。大抵は「水曜日」で振られちゃうパターンだけど、火曜日でも振られちゃうのだから、よくよく「縁」がない。ちなみに、店頭に貼られている営業案内によると、この10月は、毎週木曜以外では、2日(月)、10日(火)、24日(火)が定休になっていた。
気を取り直して次に向かったのが「翔家」。
こちらは普通に開いていた。やれやれ。

注文した「台湾まぜそば」は、前回の印象と同様に「普通に美味しい」イメージ。決して「激旨」ではないが、さりとて「不味い」わけでもない。ボリュームも十分。麺量200gというフレコミだが、もっと多うように感じられる。
麺を食べ切ったところで食欲中枢が「程よく」満たされ、「追い飯」は要らない?状況なのだが、少しだけなら食べられそうかな?、と「追い飯」をチョッピリ追加してみたところ、あまりに美味しいので、まるで「2段ロケット」のように食欲が再復活してしまうのが不思議と言えば不思議。あっと言う間に「追い飯」も完食となった。
よく、「ケーキ類」が「別腹」に喩えられるけど、「追い飯」も「別腹」みたいだ。

By:素浪人 /書いた日時:2017年 10月 10日 19時 49分 41秒
パスワード: 削除 修正 

●味噌/カラシビ味噌890円→500円  時間: 18時 20分 〜 18時 30分  場所:麺一(六丁の目)

「麺一」と言えば、一時期は利府にも店を構えていたし(=伊藤商店・利府店の場所)、つい最近まで西多賀にも店が有ったはず。ところが、今は、こちら「六丁の目」1店だけになってしまった。その辺のことを店主殿に確認してみたら、確かに宮城県内には1店だけになったけど、沖縄に1店(西原町)、山形にも1店(天童)有るのだそうだ。へえ、なるほどね。今日の今日まで、他県にも「麺一」が有るだなんて、全然知らないでいた。
もう一つ、「麺一」に関する話題を挙げるとすれば、元々は、味噌豚骨、塩豚骨など各種豚骨ラーメンを太麺で出してくれるのが特徴だったはず。それが、数年前程から色々なメニューを出すようになり、今や「何をウリにしているのか」さっぱり分からない状態に。メニュー表を見ても、醤油系、塩系、味噌系、… 全てが揃っており、これといった特徴が見出し難い。
そういう混沌状態の中で、もしかすると、この「カラシビ味噌」こそが一番美味しいメニューになるかもしれない。「辛くて痺れる」味噌スープだけでなく、モチモチのストレート太麺、付け合わせのモヤシ・キャベツ、極太メンマ、… 全てが一級品。
890円という「高過ぎる値段設定」だけが唯一の欠点だけど、「ラーチケ」で500円までディスカウントされるので、結局「全てOK」ということになる。「ラーチケ」に感謝。

By:素浪人 /書いた日時:2017年 10月 10日 19時 52分 43秒
パスワード: 削除 修正 

スケジュール登録
名  前
電子メール
時  間 時  分 〜  時 
種  別
タイトル
場  所
内  容
パスワード 
返  信返信希望  メール返信