2017年10月14日(土曜日 )  
前の日次の日→/ 今日のスケジュールスケジュール登録カレンダーへ戻るスケジュール一覧
登録済スケジュール

●醤油/<エースコック>煮干しヌードル88円+税  時間: 05時 30分 〜 05時 40分  場所:自宅

「焼煮干し粉入り」「東北で愛され、青森で愛され…」等々の宣伝文句から、苦味まで混じるような「ド煮干し仕立て」を覚悟していたが、実際は、拍子抜けするほどの「あっさり仕立て」。でも、それがイイ。
「ポーク」×「チキン」×「煮干し」のバランスに優れ、総合的な旨味に溢れている。
最近は「アクの強い煮干しラーメン」が流行中?だけど、やっぱり、こういう「あっさり系煮干し」が本来の姿?。

By:素浪人 /書いた日時:2017年 10月 14日 7時 48分 46秒
パスワード: 削除 修正 

●塩/極み塩らーめん・特別価格500円  時間: 11時 40分 〜 12時 00分  場所:なると家@卸町ふれあい市(卸町)

10月14日(土)、15日(日)の2日間にわたって開催中の恒例「卸町ふれあい市」へ。
様々な「グルメ」に目移りする中で、実力店の「なると家」を選択。20名ほどの行列待ちを強いられたけど、待つだけの価値はあるだろう、と判断した。
そして、その「読み」が大当たり。アッサリながらもコク深い塩スープ、食べ応えのある中細ストレート麺、どちらも名取のお店で出される内容と寸分の狂いもない「絶品レベル」と判定された。
こういう「催事もの」「屋台もの」ではロクな経験が無いのだが、今日の「なると家・塩ラーメン」は、これまでの「卸町ふれあい市」史上でも最高の出来栄えだったかもしれない。

なお、公式案内によれば「無料駐車場1500台分」が用意されていることになっているけど、どの駐車場も早い時間から満車になるので、地下鉄東西線「卸町駅」を利用するのが賢明(卸町駅からサンフェスタまでの無料シャトルバスも有り)。
(少なくとも11時〜12時の段階では、卸町駅もシャトルバスにも、特別の混雑なし。)

By:素浪人 /書いた日時:2017年 10月 14日 15時 45分 44秒
パスワード: 削除 修正 

●その他/マーボー焼きそば・食べ比べサイズ300円  時間: 12時 30分 〜 13時 10分  場所:棒棒@せんだい青葉山交流広場(仙台国際センター駅北側)

「卸町ふれあい市」のあとは、全く同じ日程で開催されている「第1回仙台マーボー焼きそばサミット@せんだい青葉山交流広場」へ移動。卸町から遠く離れているけど、地下鉄を利用すると15分弱で到着する。ちょうど「ニューヨークのサブウェイシリーズ」のような感覚だろうか。
中国料理・豊園など全部で7店が出展しており、それぞれのブースで「食べ比べサイズ300円」「レギュラーサイズ600円」を選択して注文することが出来る。
7つも店があるので、どれにしようかと散々悩みながら、「カリカリ麺」の食感が楽しめる「南町通り代表・泰陽楼東三店」に狙いを定めた。
困ったのは、50人に及ぼうかという大行列。でも、他の店も同じような行列なので仕方なし。ジッと待ってさえいれば、そのうち順番が来るでしょ。
ところが、…。

もうすぐ自分の順番、というところになって、突然「揚げそばが切れてしまいました、次に出来上がるまで、あと20分ほどお待ちいただきます」という“爆弾”アナウンスが…。
「えっ、もう30分近くも待って、やっと直ぐ目の前まで列が進んだというのに、ここで更に20分待たされるなんて、それはあんまりじゃないか、約束が違うじゃないか」と、思い切り不平不満を言いたくなる。
そういう大事なことは、列に並ぶ前に言って欲しかった。それが分かっていれば、他店の列に並んでいたかもしれない…。これから別の列に並び直すには相当の忍耐力が必要。
そして、次のアナウンスに、また腹が立つ。
「揚げそば以外は有りますので、自由に注文して下さい…」
何を言っているの?と思っちゃった。自分は(そして恐らくは他のお客さん達も)「マーボー揚げそば」が食べたくて並んだのであって、他の品物は「お目当て」でも何でもない。それだったら、コンビニで「焼きそばパン」でも買って食べた方がまだマシ。
でも、いくら悪態をついたところで、ダメなものはダメに違いない。「仕方ない、あと20分だけ、ジッと待とうか」と覚悟を決めたが、ふと隣の「愛子・中華の棒棒」のレーンを見ると、異常なまでに空いており、「待ち時間ゼロ」で品物がゲットできる状況になっている。
これまでの並びに費やした「30分間」を無駄にするのは癪だけど、ちょうど「泰陽楼に対する思い入れ」が切れかかったところだったので、えいや、と「棒棒」に鞍替えして、ハーフサイズの麻婆焼きそばをサッサと購入し、広場のテーブルに移動して「ゆっくり食事を楽しむ」ことにした。
実を言うと、愛子の「棒棒」本店でも一度だけ「マーボー焼きそば」の経験あり(2014年6月18日)。その時は、麻婆「豆腐」の代わりに麻婆「茄子」を使った「仙台マーボー焼きそば・美茄子(ビーナス)」を食し、中々の好印象だった記憶が残っている。それに比べると、今日の「麻婆焼きそば」は、「麺」も「麻婆豆腐」もイササカ平凡であった。喩えが適切でないかもしれないが、何となく「一風変わった味噌和え麺」的なイメージ?。あまり面白味がない。何かワンパンチが欲しかった気がする(この際、もっと辛くしてもいい、と思った)。

それにしても、この「仙台マーボー焼きそばサミット」の混雑振りは凄まじい。トータルの人数では「卸町ふれあい市」に負けるかもしれないが、各ブースの行列の長さは明らかに勝っている。そして、地下鉄・仙台国際センター駅では、プラットホームの収容能力を超える客数に白旗を挙げて「入構制限処置」が敷かれる始末。いやはや大変。

ところで、今日の場合、曲がりなりにも「連食」をしたことになるが、自分にとっては随分と久し振りの体験になる。思い返すと、ちょっと前までは「連食」が極く極く当たり前の日常茶飯事だった。特に首都圏遠征時では連食がほとんど必須。例えば、互いに隣り合う「中華そば青葉・飯田橋店」と「大勝軒・飯田橋店」の連食など…。
今でも、その気になれば「連食」は出来るだろう。ただし、色々と問題が多い。無駄にお金が掛かることも一つだけど、どうしても1軒目に比べて2軒目以降の店の味が「落ちて」感じられてしまうのが最大のネックになる。そういう有り様では、2軒目以降の店に申し訳ないし、自分でも納得がいかない。
そんなわけで、今は、原則「連食は御法度」と決めているのだが、今日の場合は別。こういう「屋台もの」は、むしろ「連食こそが似合う」気がする。
というわけで、また次の連食へ。

By:素浪人 /書いた日時:2017年 10月 14日 18時 52分 0秒
パスワード: 削除 修正 

●その他/オムカレーとごまそば(冷)のセット870円→500円  時間: 14時 10分 〜 14時 30分  場所:高田屋・イオンモール富谷店

連食三昧の最後を飾るのは高田屋「オムカレー・ごまそばセット」。これも連食に相応しい。
この時間になれば行列も無いし、テーブル席で「ゆっくり」と食べられる。
これまでと同様、冷え冷えの「ごまそば」、対照的に熱々の「オムカレー」、どっちも美味しい。心の底までシッカリ満足・満腹に。

この約3時間で食べた4品は何れも美味しかったけど、敢えて順位を付ければ、「塩ラーメン」→「ごまそば」→「オムカレー」→「麻婆焼きそば」ということになろうか。

By:素浪人 /書いた日時:2017年 10月 15日 10時 3分 32秒
パスワード: 削除 修正 

●醤油/サグキーマカレーセット(ナン、辛さ普通、ラッシー)1050円→500円  時間: 17時 10分 〜 17時 30分  場所:インドカレーダイニングSANTA利府店

今日は、ずっと食べてばかり。たまには、こういう日があってもいいでしょ。
今日で3回目になる「サグキーマカレー」(=挽肉とホウレンソウ)だけど、これ、間違いなく美味しい。自分だけでなく、多くの日本人も気に入るはず。
そして、「ナン」が美味しいし、「ラッシー」も美味しい。
インド通の人なら、もう10年も20年も前から、こういうスタイルのインド料理に慣れ親しんでいたに違いないだろうが、自分の場合は、今頃になってようやくハマり始めた…。どうしよう。
ちなみに「インド料理×仙台」で検索してみると、「あちゃーる@泉」が点数・口コミ数ともナンバーワン。「インドカレー」で検索すると、それぞれ「ガネーシャ長町駅前店」「ナマスカ仙台南町通り店」がナンバーワンになっている。どの店にも行ったことがないでの、そのうち機会を見て…。

By:素浪人 /書いた日時:2017年 10月 15日 10時 4分 37秒
パスワード: 削除 修正 

スケジュール登録
名  前
電子メール
時  間 時  分 〜  時 
種  別
タイトル
場  所
内  容
パスワード 
返  信返信希望  メール返信