2017年12月9日(土曜日 )  
前の日次の日→/ 今日のスケジュールスケジュール登録カレンダーへ戻るスケジュール一覧
登録済スケジュール

●その他/名古屋きしめん310円  時間: 06時 30分 〜 06時 40分  場所:駅そば・葵亭(JR三島駅・改札前)

ホテルに宿泊する際は、「朝食抜きの素泊まり」がほとんど。大抵の場合、近くに、吉野家・すき家・松屋とか、富士そば・日高屋などが有るので食事場所に困らないし、それらの方が「ホテルの朝食」よりも安く済む。
今回も同じように考え、「駅近くだから間違いないでしょ」とタカを括っていたのだが、ありゃありゃありゃ、JR三島駅周辺には、吉野家どころか、「朝から開いている飲食店」が全く見当たらない…。まるで、東北地方の田舎町の駅前のような雰囲気さえある。これは困った。
最悪の場合は「コンビニおにぎり」かなぁ、などと考えながら、念のため駅舎の中に入ってみたら、上手い具合に、立ち食い形式の「駅そば・葵亭」が「営業中」の看板を出すところだった。しかも、今の時間なら「かき揚げ天そば・うどん420円→370円」のタイムサービス有り。これはラッキー!。すかさず中に入り、自動券売機で食券を購入しょうとした、その瞬間に、「名古屋きしめん310円」なる発券ボタンが見えた。
「おっ、きしめんが有るじゃないか、そう言えば(きしめんを)暫らく食べてなかったなぁ」と思い立ち、急遽「きしめん」の方を注文することにした。
「きしめん」を最初に経験したのは、自分が大学生の頃になる。名古屋地方を旅行した際に、今日と同じように何処かの駅構内で食した記憶あり。その時の印象をズバリ言えば、「何じゃい、これは」「やたら固いしちっとも美味しくないよ」…。
でも、その後、月日は移り過ぎ、つけ麺ブーム・まぜ麺ブームの到来とともに、「きしめん」のような固くてゴワゴワした平打ち麺も脚光を浴びるようになった。「きしめん」の歴史は江戸時代まで遡るらしいが、こうしてみると、「きしめんは時代を先取りした優れもの」ということになるかもしれない。
そんな四方山話を思い出しながら久し振りに戴いた「名古屋きしめん」は、「あれー?こんなんだっけ?」というくらいに「麺」が柔らかい。今日の出来がたまたま悪かったのか(=麺の茹で過ぎ)、それとも元々こうなのかは不明だが、自分が描く「きしめん」のイメージ、すなわち「固く身の締まった平打ち麺」の印象とは程遠いものだった。
スープの味が薄過ぎるのにも困った。三島は、地理的には関西よりも関東に近いはずだけど、味付けは関西風なのだろうか。とにかく、東北に育った自分にとっては、我慢のできないほどの薄味になっている。
うーん、今日は、麺・スープともに「いまいち」であった。
でも、何せ310円の品物。とりあえず朝食が摂れたし、身体も暖まった…(三島の朝も寒かった!)。
なお、トッピングは、油揚げ、削り節(けっこう大量)、刻みネギ、以上の3種。これだけあれば十分なり。

By:素浪人 /書いた日時:2017年 12月 10日 6時 23分 38秒
パスワード: 削除 修正 

●醤油/ラーメン650円  時間: 13時 00分 〜 13時 20分  場所:世界支店(韮山)

「ラーメン」の幟が出ているけど、実質的には「何でもあり」の大衆食堂。「世界支店」という店名も、和食、洋食、中華料理、韓国料理等々、世界各国の料理を網羅する起店コンセプトに由来するらしい。周りを見ると、「鶏唐揚げ定食」「野菜炒め定食」「オムライス」などの定食類・ライス類の注文が圧倒的に多い。
こういう店の場合、ラーメン関係にはあまり期待できないことが多いのだが、こちらの「ラーメン」は、基本的には「昔ながら系」を踏襲するシンプルな構成・内容ながらも、ダシがシッカリと取られており、醤油の旨味も良く出ている。明らかに標準レベルを上回る出来栄え。650円という値段設定に最初は抵抗感があったが、実際の味を知れば大いに納得。
トッピングは、チャーシュー1枚、メンマ2枚、ナルト、海苔。これにも文句が無い。
場所がいいせいだろうか、ひっきりなしに来客あり。自分も着席まで2分ほど待たされたけど、そのあとの人達は5〜10分待ちの状況になっていた。ラーメン以外の料理もきっと美味しいに違いない。地元の人気店のようである。

By:素浪人 /書いた日時:2017年 12月 10日 6時 44分 17秒
パスワード: 削除 修正 

●とんこつ/<明星>チャルメラ・バリカタ麺ニャ・豚骨93円  時間: 21時 00分 〜 21時 10分  場所:自宅

すずネコ・パッケージシリーズの「バリカタ豚骨」をいただく。
熱湯60秒!、カップ麺としては稀に見る超絶速攻仕立てだ。それが奏功してか、まるで本場九州の屋台で食すような、粉っぽい「バリカタ極細ストレート麺」の食感が見事に再現されている。
スープも美味しい。適度の旨味・甘味があり、麺との相性も素晴らしい。正真正銘「1滴残らず」完食完飲。

By:素浪人 /書いた日時:2017年 12月 10日 18時 43分 52秒
パスワード: 削除 修正 

スケジュール登録
名  前
電子メール
時  間 時  分 〜  時 
種  別
タイトル
場  所
内  容
パスワード 
返  信返信希望  メール返信