2018年1月23日(火曜日 )  
前の日次の日→/ 今日のスケジュール/ スケジュール登録カレンダーへ戻るスケジュール一覧
登録済スケジュール

●とんこつ/白かけラーメン290円+キムチ90円  時間: 11時 40分 〜 11時 50分  場所:Hot Stand(二日町)

前回訪問時に好印象だった「白かけラーメン+キムチ」を再オーダー。
ところが、「キムチ」がスープ上にトッピングされて出てきたのが若干の想定外事項。前回のように「別皿」で提供してほしかったなあ。そうすれば、自分の好きなタイミングで「味変わり」が楽しめるのにねぇ。その辺のこと、分かって欲しいなぁ。
そして、そのせいなのかどうなのか、今日は、前回のような満足感には至らなかった。魔法の「主役」「準主役」「脇役1」「脇役2」たる「キムチ」「紅生姜」「白胡麻」「胡椒」が何れも不発・不完全燃焼で、早くも「このままではマンネリ化」の兆しが見える。
次回こそは「赤かけラーメン」をトライ。その次は、「肉」のトッピング?。

By:素浪人 /書いた日時:2018年 1月 23日 20時 4分 52秒
パスワード: 削除 修正 

●醤油/粋家らーめん630円  時間: 17時 30分 〜 17時 40分  場所:らーめん粋家・仙台エスパル店

昨日「入店し損ねた」粋家へ。
今日この時間は余裕で空いていた。
以下、もっぱら「神座」との比較で書き並べると、
@ 外観の第一印象が悪い。「神座」では、大きめの広口ドンブリに「たっぷり」とスープが注がれ、白菜の量も多い。ドンブリの色が明るい(=ほとんど白)も好印象。その一方、「粋家」のドンブリは小さめ?で、暗い黒色調になっているのもマイナスイメージに繋がる。ドンブリが小さい分だけ、白菜の量も少なめ?に見える。←実際には余り変わらないのかもしれないけど…。とにかく、第一印象は「神座」の圧勝。
A スープは、どちらも同じように美味しい。白菜から滲み出る「甘味」「旨味」が素晴らしい。「白菜って、こんなに美味しいんだっけ?」と、あらためてその実力を思い知らされるのだった。敢えて両店の違いを言えば、「粋家」の方が「醤油味」を強く感じる。恐らくは「神座」が関西風の「薄味仕立て」、「粋家」が東北風の「ショッパ味仕立て」ということだろう。それぞれに魅力があり、甲乙は付け難いのだが、東北人の自分としては「粋家」の方を支持したい。
B 麺は、「神座」の「ツルツル中細ストレート麺」の方が断然美味しい。「粋家」の縮れ中華麺は、いかにも平凡。
C チャーシューは、「神座」が2枚で、「粋家」が1枚。大きさは、ほとんど同じ。驚いたことに、食感も良く似ている(=まるで“ハム”のような食感)。このチャーシューの類似性を鑑みると、この両店は、もしかすると、「ドチラかがドチラかを模倣した(パクった)」というよりも、そもそもの営業母体に何らかの共通性があるのかもしれない。
D 値段は全く同じ。
以上の5項目で勝敗を付ければ、「粋家」側から見て、1勝3敗1引き分けということになる。
それにしても、「白菜ラーメン」、いいねえ。「唯我独尊」「唯一無比」的な魅力?というか、要するに「他を圧倒する魅力」が感じられる。
「もっと市民権を得て然るべきジャンル」であることが再認識できた。
そして、この3年位にわたって御無沙汰続きだった「粋家」にも、一言お詫びしなくてはならない気がしてきた。最低でも1〜2ヶ月に1回ずつは来ておくべき店なり。
なお、「白菜ラーメン」以外はきっと平凡に違いないので、少なくとも自分の場合は注文する予定なし。

By:素浪人 /書いた日時:2018年 1月 23日 20時 6分 21秒
パスワード: 削除 修正 

スケジュール登録
名  前
電子メール
時  間 時  分 〜  時 
種  別
タイトル
場  所
内  容
パスワード 
返  信返信希望  メール返信