2018年1月3日(水曜日 )  
前の日次の日→/ 今日のスケジュールスケジュール登録カレンダーへ戻るスケジュール一覧
登録済スケジュール

●とんこつ/<日清>どん兵衛・豚骨うどん(焦がしニンニク油仕立て)98円+税  時間: 06時 00分 〜 06時 10分  場所:自宅

麺は如何にも「どん兵衛」、そしてスープは「熊本マー油豚骨」仕立て。どう見ても「ミスマッチ」なのだが、これが不思議な魅力を放つ。もしかしたら、現地にはこういう麺料理が多いのでは?とまで思ってしまう。最終的には「全く違和感なし」。

By:素浪人「 /書いた日時:2018年 1月 3日 16時 39分 30秒
パスワード: 削除 修正 

●醤油/あっさり中華そば421円+ギョーザ(無料券使用)  時間: 10時 50分 〜 11時 10分  場所:幸楽苑・利府森郷店

午前中は、小雪がチラつく中を、「イオン利府」「ウジエスーパー利府店」「バースデイ利府店」等々、利府界隈のアチラコチラを大移動。その締めくくりに向かったのが「幸楽苑・利府森郷店」。
全国的な規模で見れば店舗数がドンドン削減される予定のようだが、自分が知る限り、宮城県ではむしろ新店舗の開拓が続いている。こちら「利府森郷店」もその一つ。つい先日開店したばかりのように感じるが、調べてみると2017年2月13日オープンなので、もう1年近くが経ったことになる。
新しい分だけ、店内の居心地が良いし(=快適)、それに比例するように?ラーメンの美味しさも「増して」感じられる。
今日も、醤油の旨み、麺のモチモチ感、そしてコンガリと焼かれた餃子の食感、全てが良かった。

By:素浪人「 /書いた日時:2018年 1月 3日 16時 43分 28秒
パスワード: 削除 修正 

●塩/imf_牛中華850円  時間: 12時 00分 〜 13時 00分  場所:キリンジ(二日町)

今日も初売りの街中を散歩。
あっさりしたラーメンが食べたいと思い本町-富士屋に向かったが休み。
北上して長町ラーメンに行ったが休み。
嘉一、徐州楼も休み。
もうこってりでも構わなくなって、春日町BIGへ向かったがこれまた休み

その後もあちこち歩いてたどり着いたのがキリンジ。
キリンジが開いてくれていた。
メニューは牛中華と味玉牛中華の2品のみ。
大盛無料、ニンニク入れ放題とPOPに書かれて居る。
牛中華を普通盛で頼んだ。
卓上に刻みニンニクの入った丼が置いてある。
出てきたラーメンは、塩ベースだろうか。半透明で多少粘りがある。
麺を覆いつくすのは、分厚いチャーシュー1枚と丸い赤黒い牛肉。
そしてスライスされたり直方体に切られた白い物体と縁が緑で中は赤いスイカにもイチジクにも見えるようなもの。
白い物体は牛のアブラではないかと思ったが溶ける様子がない。
恐る恐るかじってみたら、カブ?のようだった。
縁が緑の中が赤いのもカブ?
紅白揃えて目出度さを表現したのだろう。
赤黒い牛肉は柔らにほぐれた。
自家製麺の麺がモッチリとうまい。
普通盛でも十分な量。
珍しいものを食べた。

By:あいえむえふ /書いた日時:2018年 1月 7日 8時 43分 35秒
パスワード: 削除 修正 

●醤油/<ニュータッチ>凄麺・佐野ラーメン189円→128円(クーポン券使用)  時間: 17時 30分 〜 17時 40分  場所:自宅

本日午前中はアチコチで格安品を購入。「ウジエ・スーパー利府店」でも格安クーポンを利用して「凄麺シリーズ」を幾つか購入したので、さっそく、その中の一つ「佐野ラーメン」を実食。
この「凄麺・佐野ラーメン」の最初の発売が2002年なので、もう16年の歴史を刻むことになる。その間、細かいマイナーチェンジを繰り返しながらも、一貫して「あっさり系カップ麺の最高峰」として君臨し続ける姿は、もう「生けるレジェンド」としか言いようがない。
今日の「佐野ラーメン」の美味しさも(とくに麺の本物感)、16年前の感動をそのまま(いささかも色褪せることなく)引き継ぐものだった。大いに満足。

By:素浪人「 /書いた日時:2018年 1月 3日 19時 56分 25秒
パスワード: 削除 修正 

スケジュール登録
名  前
電子メール
時  間 時  分 〜  時 
種  別
タイトル
場  所
内  容
パスワード 
返  信返信希望  メール返信