2018年2月13日(火曜日 )  
前の日次の日→/ 今日のスケジュールスケジュール登録カレンダーへ戻るスケジュール一覧
登録済スケジュール

●醤油/中華そば(醤油味)700円  時間: 13時 40分 〜 14時 10分  場所:嘉一(国分町)

いつ行っても行列待ちを強いられるので、最近はトンと御無沙汰中。記憶がアヤフヤだが、確実に記録に残っている内容を元にすると、どうやら2014年2月25日以来、約4年振り、6回目の訪問になるようだ。
通り掛かったところ、店外行列が無かったので、「これ、幸い」と喜び勇んで中に入ってみると、ありゃありゃありゃ、全部で10人ほどの店内待ち客がズラリと並んでいる。そりゃそうだよね。「待ち時間ゼロ」で着席できるかも、と期待する方が間違っていた。この厳寒の中、「店内待ちで済む」ことを、むしろ感謝しなくてはならない。
そして、混んでいるようでも、約10分少々で着席出来たので、良く考えれば「大した待ち時間ではない」ということになる。
相変わらず「湯切り」の動作が怪しい。でも、その前の「手揉み」の動作だって、けっこう怪しい。その「怪しさ度数」は、「湯切り」を100とすれば、「手揉み」は50くらい?だろうか。
いずれにしても、調理の全ての行程にわたって「プロの技術」がヒシヒシと感じられる。よって、待っている時間が全然苦痛に感じられない。
着席から約5分後に登場した「中華そば」は、見た目がとてもシンプル。これで700円もするなんて「随分と高いなぁ」と思わされるが、スープを啜った瞬間から印象が一変する。
鶏の旨味が滲み出る極上スープは、醤油の加減、油の加減もベスト。一口ごとに無上の幸福感が身体全体に染み渡る。
モチモチ・ツルツルの縮れ中太麺の食感もパーフェクト。
そして、鶏チャーシューのカリカリッ、コキコキッとした噛み応えが素晴らしい。食感が「あまりに固い」ので、10人中2、3人にとっては苦手に感じ取られる可能性があるけど、逆に7、8人にとっては「堪らない魅力」になる。もちろん自分は後者に属する。
いやー、やっぱり美味しい。
仙台を代表する「中華そば」として、何処に出しても恥ずかしくない。

ところで、今日この時間のBGMは、ずっとCCR(クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル)だった。誰の選曲によるのだろう?。店主?、それともアルバイトの人?。
聞いてみたかったけど、3人の店員さんとも忙しそうなので断念。
それとは別に、一度でいいから店主殿とゆっくり「ラーメン談義」をしてみたいのだが、この大混雑が続く限りは「夢のまた夢」ということになりそう・・・。

By:素浪人 /書いた日時:2018年 2月 13日 20時 12分 58秒
パスワード: 削除 修正 

●その他/日替わり・得セット(もり・冷+ミニかつ丼)500円+海老天(無料券)  時間: 19時 30分 〜 19時 40分  場所:ゆで太郎・六丁の目北町店

ハマり中の「もり・冷+ミニかつ丼+海老天」を食す。
毎週のように食べていながら、今のところ、まったく飽きる気配がない。
敢えて気になる点を挙げるとすれば、かつ丼の肉質がやや固い?ことと、コロモのパリパリ感・サクサク感に欠けること(← 何れも“かつや”との比較)。
でも、何せ「腹ペコ」で「ガツガツガツ」と食べるので、細かいことなどチットモ気にならない。

ところで、不思議なことが一つ。入店時に駐車中の車を数えたら、自分の分を含めて全部で5台。けっこう混んでいるかなぁ、と思いながら中に入ったら前客は二人だけ。えっ、どういうこと?
そして、自分が退店した時に店内に残っていた客は一人だけだったのに、駐車中の車がまだ4台。不思議だ…。

By:素浪人 /書いた日時:2018年 2月 13日 20時 38分 57秒
パスワード: 削除 修正 

スケジュール登録
名  前
電子メール
時  間 時  分 〜  時 
種  別
タイトル
場  所
内  容
パスワード 
返  信返信希望  メール返信